11/23:今日もブロックされそうな表題になりましたので?!

2021年11月23日(火)朝




昨日、告知されていた「GCR」は

実行されたのか?!




日中

証券会社の為替情報をチェックしていましたが

「イラクディナール」が掲示されることはありませんでした!




結局、「GCR」が公表されませんでしたので

行われたかどうかはハテナ?(-.-)




では

「GCR」が実行された後に

くると予想されている




「ブラックスワン(金融市場大暴落)」

はどうなのか?!




金融市場をチェックしてみます(^^)




【株式市場】


NYダウ:横ばい

(直近高値:11/8、36,432ドル)

前々日35,870、前日35,602ドル

→今朝35,619ドル(+17ドル)




日経平均株価:横ばい

(直近高値:9/14、30,670円)

前々日29,598円、前日29,746円

→昨日29,774円(+28円)





【仮想通貨市場】


ビットコイン:下落

(直近高値:11/10、780万円)

一昨日680万円、昨日679万円

→現在644万円(-35万円)




リップル:下落

(直近高値:11/10、152円)

一昨日125円、昨日123円

→現在119円(-4円)





というわけで

「株式市場」は通常運転!




しかし

「ビットコイン」は疑わしい動き!

直近安値の636万円を下回ると

底が見えない状況に陥る状況!




「ブラックスワン」は

「ビットコインの暴落」から始まるのかもしれませんので

今後も「ビットコイン」に注目です(^^) 




では今日も

「Qプラン」を読み解くべく

汚爺ちゃんの11月22日ジュディノートより

気になる箇所を抜粋致します(^^)








・今日のメッセージ

・Judy Note

・世界通貨リセット

・世界的な金融危機








今日のメッセージ




「夢が大きすぎることはありません。挑戦が大きすぎることはありません。私たちが未来に望むものは、手の届かないものではありません」デンゼル・ワシントン




「変えられないものを受け入れるのではなく、変えていく。私たちは受け入れられないものを変えています」愛国者たちの新しいモットー




神様は私たち一人一人に計画をお持ちです。私たちが信仰を持ち、喜びを見出すことができるように、この地球を創造し、私たちをここに送ってくださいました。私たちのチャレンジは、私たちを成長させ、再び神と共に生きるための準備となります。








Judy Note




11月29日(月)に開始されるギレーヌ・マクスウェルの裁判。

マクスウェルは、エプスタイン島にあるバチカンが運営する国際的な児童性虐待組織のために、子供たちを調達していました。その組織は、王室、米国株式会社、そしてカバルのほとんどすべての世界的、政治的エリートとつながっています。ウォルト・ディズニー・コーポレーションとCIA、小児性愛、人身売買、ニューヨーク警察、子供を対象とした悪魔の儀式との関係がすでにリークされている。




掲載されなかったもう一つの地球を揺るがすニュースがある。

11月21日(日)早朝、世界通貨リセットの中心となるイラク・ディナールが金・資産担保付きで国際化され、209カ国がすぐに追随することになりました。




11月24日(水)にデフォルト(債務不履行)に陥った中国の巨大不動産企業 Evergrande グループの先行きが不透明であることから、世界的な金融危機への懸念が続いていました。




ブラックスワン・イベントである世界経済のクラッシュが起きれば、GESARA/NESARA/TRUMPSARAと新しい量子金融システム(QFS)が世界中で導入されることになります。




GESARA法は、すでにハーグの国際司法裁判所で署名されており、1871年のイギリス法だけでなく、バルフォア宣言も覆されていました。アメリカは、もはや王室の独裁下にはなかったのである。




トランプ大統領の大統領令13818と13848は、「人類に対する犯罪」と「外国人の選挙妨害」に関与した者の資産を差し押さえるというもので、ニューヨーク証券取引所とウォールストリートも関係していた。




バチカンは、昨年の聖パトリックの日に、5万の軍隊がローマに降りてきたときに、蛇を追い払った。




バッキンガム宮殿には誰もいない。シティ・オブ・ロンドン、倒産。バチカンは空っぽで、倒産していた。ワシントンDCは空っぽで破産していた。




その結果、世界中の銀行は、CBDC(中央銀行デジタル通貨)への移行に伴い、その役割を変えていきました。




そのためには、全世界に向けて緊急放送を発信し、全世界で戒厳令を敷く必要がある。




アメリカは、王室の海事法から1776年に制定された憲法に基づく法律に変更し、さらにアメリカの納税者のお金をカバルに渡した1871年のイギリスの法律を覆すことになります。




今や私たち民衆は、自分たちの運命を握っているのだ。








世界通貨リセット




11月20日(土)・21日(日)・22日(月)にはグローバル・カレンシー・リセット(GCR)が完了し、すべての国の金・資産担保付き通貨のレートが1対1に設定され、効果を発揮することになります。




肝心のイラク時間11月21日(日)朝には、国際ディナールの新レート4.81ドルが適用され、イラクのATM機では低額の新通貨イラクディナールの流通が始まりました。




11月23日(火)は、最初の「大覚醒」としても知られるペンテコステ(聖霊降臨(せいれいこうりん)と呼ばれる新約聖書にあるエピソードの1つ)




11月23日(火)頃、緊急放送システムが作動し、今後10日+3日の間、戒厳令が敷かれることが予想されます。




女王は、2020年の選挙不正を審理する最高裁の期日である11月23日(火)の前に、故人となって発表されると予想されていました。また、5~11歳の子供へのCV-19ワクチン接種義務化が開始されるのも同じ日です。




11月24日(水)、Evergrandeのデフォルト(債務不履行)は、世界的な金融危機を引き起こす可能性が高い。




11月25日(木)の感謝祭までに、Tier 4B(我々インターネットグループ)のアポイントメントが開始され、10日ほど続くことが予想されました。




11月29日(月)、ギスレーヌ・マックスウェル事件(エプスタイン島にある国際的な児童性虐待組織のために児童を調達していた)の開廷弁論。








世界的な金融危機




 Whiplash347、Evergrandeのデフォルについて:私の最初のデコードでは、市場の大暴落は2021年10月16日に始まるとされていた。債務上限が引き上げられたため、タイムラインが変更されました。


デルタ線で1166まで行くと「ロシアと中国は通貨切り下げゲームをしている」。ドロップ1120のアルゴリズムを使用すると、11月24日になります。Evergrandeの次の支払いは11月23日です。支払いが行われない場合、11月24日にデフォルトとなり、それはドロップ 1120で確認される。私のタイムラインでは、ペンテコステは11月23日です。ペンテコステは最初の「大覚醒」として知られています。




バークレイズ社は、ウェールズの銀行6行の閉鎖を発表。影響を受ける支店のリスト:カーナーボン、チェプストウ、ゴーセイノン、モンマス、ポートタルボット、ポルスマドグの各支店。




同社は、英国内のいくつかの銀行が2022年初頭に永久的に閉鎖されることを確認しました。  








以上




参考文献はコチラ↓↓↓↓





というわけで

今週の予定されているスケジュールは




11月22日(月)グローバル・カレンシー・リセット(GCR)が完了!



11月23日(火)緊急放送システムが作動!



11月24日(水)Evergrandeのデフォルト(債務不履行)!



11月25日(木)までにTier 4B(我々)へのアポイントメントが開始!




ということで

本日11/23は

「EBS(緊急放送システム)」が発動する予定!




全く「EBS発動」の気配はありませんが

いつものごとく

期待せずに期待します(^^)




ちなみに

今日の表題は




11/23:本日「EBS(緊急放送システム)」が発動する?!

でした(#^^#)




大丈夫だと思うけど、、、









おまけ情報








「NESARA」という言葉がTVで放送された!?




あなたの価値は400倍?!



はやく登場して欲しい!




こいつらをやっつけてくれています!





以上




では

今日もQアライアンスの皆様のご健勝を祈りつつ

前向きに過ごしたいと思います(^^)




「あなた」の参考になれば幸いです(#^^#)




最後までご覧いただき

ありがとうございました(_ _)

ファイナンシャルゲーム会!

ファイナンシャルゲーム会はお金を増やすための考え方やスベを学ぶ場であり 金銭的な自立を支援する目的で活動を続けています!

0コメント

  • 1000 / 1000