ショック時に狙う市場と銘柄選びは?!


昨日、一昨日のブログは




ショック時は

株式投資で大きく利益を得るチャンス!

というお話でした(^^)




何故チャンスかというと




平時でも

利益をもたらしてくれている優良株が

バーゲンセールの状態になるからです(^^)




さて昨日の宿題




「どこの株式市場を狙うか!?」

ですが

どこだと思われますか?!




ヒントは

ショックからの回復が

一番早い株式市場です(^^)




答えは

米国株式市場!




リーマンショック前の株価になるまでに

かかった期間が




日本は5年かかりました!




アメリカは

なんと!!!




2年で戻りました!




というわけで

日本よりアメリカの方が

結果が早くでるよ!ということ(^^)








何故かというと




アメリカ市場の取り扱う時価総額は

世界の4割を占めているから!



株式市場で

世界一資金が集まる市場が

アメリカ!




日本は7%(^^;






さらに

人口比率を見てみると

さらに見えてくるものがあります!



この年齢別人口比率をみて




それぞれの国は

将来どうなると思われますか?!







アメリカは

日本と違い




消費活動の旺盛な

現役世代、青年層、若年層の人口が減らない!




一方、日本は

消費活動が旺盛な

現役世代、青年層、若年層がどんどん減っていく、、、




日本企業の将来性は

いかが思われますか?!




さらに日本は消費増税で

消費活動を減退させる政策を推進中(^^;




そんな国が

ショックが落ち着いたとたん

急激なV字回復は望めるでしょうか?!





話はだいぶ逸れますが




私が思うに

官僚、政府の思惑は




デフレ(物が安い)にし

重税を課し

日本人を貧乏にすること!




どうしたいのかと言うと




日本人や企業は

他国なしには生活が成り立たない状態に

もっていきたい、、、(^^;




そうなれば




外国人は




日本は「安い!」と喜び

観光やビジネスでやってきては

物や土地を買いあさる!




日本人は

外国人が

来たり買ってくれたりすることで生活が成り立つ状態!





日本に来てくれてありがとう!

日本製品を買ってくれてありがとう!

と喜ぶ(^^;




気がついたら




外国人様

あなた様がいないと生きていけないのです!

みたいな、、、




官僚と政府は

そんな状態にしていく方針なのかな~と( ;∀;)





話は戻りますが




市場の大きさ

消費活動の旺盛さ

から考えても




ショック時のチャンスは

「米国株式市場にあり!」

ということ(*^^)v




あともう一つ

昨日の宿題の「銘柄選び!」




これは

知識や時間、労力がかかるので




プロに任せる!

※好きなら別ですが




私の

オススメは




【Oxford クラブ】

年間1万円ほどで優良銘柄を教えてくれ

株式投資での資産作りを指南してくれます(*^^)v






もう一つ




【大富豪の投資術】

株式会社インベストメントカレッジ




メルアド登録で

本日、20時の無料セミナーが受けられます(*^^)v

大富豪の投資術

コロナウイルスの感染が拡大する中、私たちは"お金"の面でも窮地に立たされているかもしれません...。 もうすでに、飲食店や百貨店はお客が来ず、すでに売上を激減させ、ほんの少し前まで賑わっていた観光地は今やガラガラ。テーマパークは閉園し、ホテルや新幹線はキャンセルラッシュが発生。オリンピックを代表するイベントも延期や中止が相次ぐ中で、 2019年の消費増税から追い打ちをかけるように、コロナショックでさらに日本の経済が悪い方向へ向かっていくかもしれない、という状況になっています。 今すでに収入に打撃を受けている人もいれば、もしかすると、会社員であっても会社の業績によっては給料が下がる可能性が出てきています。 さらに、投資でも3月からリーマンショックを上回る下げ幅で暴落が発生し、コロナウイルス感染症によって、生命の危機だけでなく、お金の危機も迫っている。 でも、過度に不安にはならないでほしいんです。というのも、 今の逆境こそ、資産収入を生み出す絶好のチャンスかもしれないからです。その理由を今からお伝えします。 100年以上前の日本に、本多静六という人物がいました。 彼は大学教授をしていましたが、給料は人より少しいい方。とはいえ、決して裕福だったわけではありません。月末にはお金が底をつき、毎日食事がごま塩ご飯で子どもたちが泣き出す...といった生活を送っていました。 そんな彼が普通の人と違っていたのは、「毎月倹約して、給料の4分の1は絶対に使わない」という習慣をもっていたことです。もちろん、なけなしの給料の4分の1ですから、普通に貯金するだけでは中々お金は貯まらなかったでしょう。 それを理解していた本多静六は、貯金だけでなく、コツコツと投資をしていたんです。そして、、、 25歳のときからコツコツと投資を始め、早くも40代で給料以上の収入を投資から得られるように。そして、60歳で退職するころには、なんと100億円以上の資産を築き上げていたのです。 彼がもともとお金持ちだったわけではありません。 給料が多かったわけでもありません。 毎月コツコツ投資をすることによって、彼は「日本のウォーレン・バフェット」と呼ばれるほどの資産家になったのです。 「金(カネ)というものは雪だるまのようなもので、はじめはほんの小さな玉でも、その中心となる玉ができると、

legacystock.jp



というわけで

どちらも




私が

世界情勢を勉強させて頂いているお一人で




株式投資でも成功されている

北野幸伯氏が推奨されている情報です(*^^)v




もし

ご興味がおありのようでしたら

是非(^^)




最後までご覧いただき

ありがとうございました(_ _)

ファイナンシャルゲーム会!

ファイナンシャルゲーム会はお金を増やすための考え方やスベを学ぶ場であり 金銭的な自立を支援する目的で活動を続けています!

0コメント

  • 1000 / 1000